こころこわこわ

ゲーム・カードがメインとなるblog。記事のまとまり方が怪しいですかね…?

学園祭を終えて。

今これは学祭終わって2日後くらいに動画見ながら呑みながら書いています。誤字脱字等ご容赦ください心 も 体 も 持 ち ま せ ん

 

 

これはウチの学祭のレポートです。ただ全日全て起こったことを記述するのは読み手側がだれるので先にメインを、その後にいろんなことを書いていきます。酒のつまみにでもなれば嬉しい。

ただカードメインの話になってしまった、結果的に。

 

注意点

*別 に 面 白 く は な い 。

 

 

 

 

 

 

ウチの学祭はなんと3日間あります。その前後に準備日と片付け日があり合計5日ありマジお祭り間があります。長すぎません??運営側が死ぬわ(これを学んだことは大きいかも…けど楽しい)。

 

私はポケサーに所属しており年度も上がったウチらの代が運営を担当することになりました。いろんなブースとしてまずは主題とも言われるゲーム、次に今年大流行を飾ったポケモンカード、そしてポケモンコマスターやポッ拳、その他昔のゲーム(スクランブルやポケスタなど)などがありました。

 

私はカードメインで生きてる人間ですのでそのあたりえこ贔屓して後述していきます。

 

 

メインとなる2日目のお話を。メインはカード大会(BIUといいます)、他ブースや夜のお話を。

ウチの大学では先輩のご援助もあってBattle in Universityの予選大会を開くこととなりました。自分のTwitterアカウントでフォローしてる方などが参加され、また予約枠も当日枠も全て埋まるという賑わいを見せました。また、これに関わらず学祭に参加していただいた皆々様、深く御礼申し上げます。

 

カードの話は少し長くなるので後回し。

他ブースについて。ポッ拳スクランブル、64の頃のミニゲームたくさんありますゲームもあったそうです。懐かしくてプレイしてる人もいればカードとは違いさっと触れることもあってそれなりに人が来てた、と思います。

 

 

ゲームは主に対戦があったそうです。最近はピカブイやカードへの人口の移動も相まって下火になりつつあるゲームですが割ときてた。嬉しい。

けど私は詳しくない。レートとか1600が精精だわ。

 

 

プラ板について。プラスチックの板に絵を書いてそれをオーブンで焼く。すると板が小さくなりつつ硬くなりキーホルダーのようになる、といったブースです。

触りやすいこともあって例年大盛況のブースで今年も多くの方に来ていただきました。私は前年度の学祭でここのブースの担当をしたのですが、非常に多くの方がお越ししていただくこともあってとても忙しかったです。勿論楽しかったです。

 

 

 

カードについて。

貸しデッキというプロキシ(印刷など)で構成されたデッキ(数30)が机に並びました。対戦卓もペア20組収容可能と非常に大きなスペースを取ったことにより待機の方を少なくすることができました。

また一部の方にはオーガナイザーによるティーチングなどが行われました。これから始めたいであろう方がポケカについてより詳しくなれたのは本望であり、ティーチングを行っていただいた先輩方には頭が上がりません。

 

少し対戦の話を。

BIU上位者のデッキについて。

優勝者はレシピ非公開のニンフィアデッキ、それにズガドアーゴ、コケコギラマネロが続く形となりました。

 

1位のニンフィアデッキについて。レシピが非公開であるので個人的な予想のみを立てます。

運営してたから見てた、という訳ではなくニンフィアデッキだから、というぱっと見の知識もあっておそらくLO(山札切れを狙うデッキ)ではないかな?という予想。

ズガドアーゴがきてもUBチャームの採用からメタが生まれ、特殊エネをメインとする非GXが相手であれば改ハンやプルメリルザミーネをメインとして立ち回ればエネの破壊をし尽くすことができる。

ただ状況に応じては殴る方が強い。もしそれがメインとなるデッキである可能性も否定できず、その場合であれば素点110+鉢巻+ククイのGXに160非GXに130とまぁそれなりに狩れる範囲。ただニンフィアをメインとしてるならこれは弱いか…?

ゾロアークやサナなどのサブアタッカーorメインアタッカー(これはあまりない?かも。ニンフィアデッキとBIUの方でも公言しているメタ読みもあってのこと。)などもあるかもしれませんが、私の拙い予想ではこれくらいということで。「

 

2位、3位のデッキは9月に行われた1000人以上が参加する超大規模な大会で見事1位、2位を果たしたデッキとなります。

 

ズガドアーゴはレシピ非公開、ですがこれも東京CL2位の実績もあって大体略。

ですがコケコギラマネロより上を取ったということに関して。

予想ですがジラサンなどの非GXに対するメタが入ってたんですかね?それもあってコケコギラマネロを上回ったのかな?という予想。多くの上位GXデッキではアロベトやアブソルなどのメタカードを投入している、などメタが散見されます。

勿論メタだけでなくプレイングも勝敗を分けます。東京CLでもあったようなアーゴヨンをメインとする戦法を取り見事サイドレースを先行したのか。運営してて見れてない…。

運は知らない。

 

コケコギラマネロについて。

BIU公式大会のツイートからも見られます、レシピからはユニットエネ3枚とウルネク2枚が入った中火力と超火力双方兼ね備えたデッキとなります。

ギラティナがメインなのかリングが入っていないこと、モノマネ娘が1枚入ったことが少し意外性を感じました。ユニットエネ対応先がコケコしかいないのでワンチャン下技?いやない、みたいな。

モノマネ娘は山に戻すムーブが強い+非GXメインであることから相手がサイドを積極的に取れる=相手の手札が多い状況が存在し他5枚目のシロナとして刺してるのか。フウランや観光客といった他ドロサポを出し抜いて入れているんですね、ほお、みたいな感じが大きいです。

 

まぁこのあたりで切り上げます。長すぎた。

 

といった感じです。他の日もBIUの大会以外はこんな感じの色々があった程度、私はカードメインで担当して適当なティーチングやフリー対戦等のお遊びなど楽しかったです。来年からは来年度の人間として下級生達をサポートしていけたらな、って感じですかね。

以上今年の調布祭でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日談。

片づけを行った日に反省会を行いました。いろんなことあってこれが楽しかったなーとか私たちや後輩の代から見る悪かったところや、それが意味をなさないなどといった先輩からの経験深い反省点やその考察など。これが来年以降も引き継がれていくといいなぁ、って。

 

またそこで私はぶっ倒れました(正確には違うけどこれに近い)。

当日の私の身体状況が睡眠時間3時間、朝食昼飯ほぼ抜き、昨晩の飯はほぼお菓子のみ、対する遊びによるカロリー消費が大きいなどといった自分の身体を労わる、ということができてませんでした。やれ鼻血だやれフラフラの足取りだ、もう少し堪えれた気はするけど臨死体験を味わいました。

ある先輩は別にこれくらいで…って感じそうなんでしたのでじゃあ僕も大丈夫やん…、って感じだったのがいけなかった。その先輩の肉体と私のは違う。マジ。

BMIという健康的な体重と身長の目安となる数値が存在します。極端なものでもなければ大抵はアテになる数値、私は見事17前後(170cmに対し50kgくらい)という貧弱さを見せるほどの不健康さ。日々の食生活や睡眠で補っていた壁一枚で補われていた私の健康、これが無くなればどうなるか。まぁ死ぬわな。

先輩(というか部長)に肩をお借りしたり荷物を友人や先輩に持ってもらったり…後は私の汚い顔を他多数に見せつけて普通に心配させたり。申し訳ない。

 

これに関し心配していただいた友達や先輩の皆々様本当にありがとうございました。またお会いした時に再度ぶり返してお礼申し上げよう。飯やウィダー等奢らせてしまった…。

不健康になって倒れれば飯が貰えるぅ!?←は?

 

二度と不健康で倒れるといった事態は無いよう努めます。ご迷惑おかけしました。

信頼?懇ろ?にしてもらってお礼だけでは本当に足りない…ありがとうございました。

これで本当にブログ終わり。2日目以外の内容や反省会などといった踏み入った内容についてはブログで言うことあるかな?まぁ個人的な内容だったらあるかも。

ここまでお読みいただき本当にありがとうございます。それではまたいつか健康な僕が書いた記事で。